DPRB Review

【DPRB Review】#03 Jon FayのPlanet NYNEX【MÖRK017】

投稿日:2018年8月17日 更新日:

ロンドン代表するレーベルLobster Theremin (ロブスターテルミン)からサブレーベルMÖRKの新リリース『Jon Fay - Planet NYNEX』をレビュー。Jon Fayは友人でもあるため、新作が楽しみで仕方なかったプロデューサーでもある。MÖRKのレーベルとロブスターのレーベルのリリースのわけ具合がどうなのかはわからないが非常に楽しみで仕方ない。


https://soundcloud.com/lobster-theremin/mork017-jon-fay-planet-nynex

A1.212

映画のワンシーンのようなOP曲。レコードなのでOP曲が必要なのかはわからないが、ロブスターのリリースを聞いていると曲目の順番など非常に凝っているように感じる。雨の音の中にくるpadの音。個人的にたまらない。

A2. DS Track

ブレスのようなシンセが空間を心地よくさせる。独特のRawな感じがたまらない。Nthngの初期を匂わせ、遅れて聞こえるハイハットがリズムをうまく回転させている。

A3.DL

非常にシンプルでありながら、個人的にはDJユースな曲。ただ少しつまらない感じもある。

B1.Room2

シンセと逆回転の波形をうまく使っている。

B2.Alice

No Coments

個人的には決まり手になるような作品がなかったのがなぜか無性に疑問に思った。アルバムの中の1部にも感じることができたし、AsquithがDJで流しているようには聞こえなかった。ただこれはそういう疑問点を生まさせるにはぴったりな1枚のような気がする。ロブスターテルミンは数々のアンダーグラウンドシーンでのプロデューサーをリリースしてきたが、ここでもう一人今までと違うプロデューサーを売り込んでいく準備をしているのではないか?と感じたり。どちらにしても前作の方が個人的にはよかった。

大好きなプロデューサーなので今後も期待が止まらない。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

木下貴博

大阪在住のDJ/プロデューサー99LettersはTakahiro Kinoshitaのソロプロジェクト。これまで海外のVinyl・カセットレーベルを中心にEPをリリースしてきた。2015年は、Serie Limitee Recordsより"Serie Limitee Hors-Serie 005 EP"、SEAGRAVEから"12Mirrors Album"をリリース。2016年にはDalmata Danielより"Untold Future EP"をリリースした。 インダストリアルでドローンな作風から、温かみのあるシンセとややサイケでなんとも心地よいハウストラックは、幅広いロウサウンド・テクノファンにもサポートされる。 2018年には過去リリースされた "Lazer Beam"を、Len Fakiが自身のレーベル"LF RMX"に収録し、Lazer Beam (Len Faki Hardspace Mix)として
リリース。Chris Liebing , Dubfire, Adam Beyerがフェスでプレイをする等話題になる。

-DPRB Review
-

Copyright© DPRB Magazine , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.