DPRB Review

【DPRB Review】#05 KrikorのThe NYC Tr-707 Instrument Demo

投稿日:2018年8月23日 更新日:

Crackboy名義で活動もしていたKrikor。過去に自分の99LETTERS名義の曲もリミックスしてくれたり、自身の機材を写真で撮影して送ってくれたりと非常に親切な孤高のプロデューサー。
今年はKrikorとして、L.I.E.SからKrikor Kouchian- Hermano Dub (LIES-117)をリリースし、機材メインを使用した作品がドスドスと心臓を揺さぶられる思いがした。
soundcloudを除いていると、なんとKrikorからableton9と10用のalsファイルがフローでゲットできる表記がついている。こういう粋なところも流石だ。


https://soundcloud.com/krikorparis/the-nyc-tr-707-instrument-demo

The NYC Tr-707 Instrument Demo

間違いない。707のサウンドマシーンが繰り広げられるローファイ感。Strip Steveの707のサウンドと比べてもこうも違うのは驚きだ。ライブセットでよく見られるキックとハイハットの単調なビートと思わせるところも、ライブセットの良いところは各アーティストごとに空気間や音色も違うのが面白い。日本人ってあんまり機材でのライブセットをしないのが惜しい。


懐かしいので貼り付けておく。Crackboyでリミックスしてもらった曲。

今年来日してたみたいだが、時間の関係で会えなかった。できるだけ今後は色んなプロデューサーと会う時間を作り、インタビューなどもしていきたいと感じている。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

木下貴博

大阪在住のDJ/プロデューサー99LettersはTakahiro Kinoshitaのソロプロジェクト。これまで海外のVinyl・カセットレーベルを中心にEPをリリースしてきた。2015年は、Serie Limitee Recordsより"Serie Limitee Hors-Serie 005 EP"、SEAGRAVEから"12Mirrors Album"をリリース。2016年にはDalmata Danielより"Untold Future EP"をリリースした。 インダストリアルでドローンな作風から、温かみのあるシンセとややサイケでなんとも心地よいハウストラックは、幅広いロウサウンド・テクノファンにもサポートされる。 2018年には過去リリースされた "Lazer Beam"を、Len Fakiが自身のレーベル"LF RMX"に収録し、Lazer Beam (Len Faki Hardspace Mix)として
リリース。Chris Liebing , Dubfire, Adam Beyerがフェスでプレイをする等話題になる。

-DPRB Review
-

Copyright© DPRB Magazine , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.