DPRB Review

【DPRB Review】#07 DJ SeinfeldのTypeless

投稿日:2018年8月26日 更新日:

DJ Seinfeld

新人というのはすこし失礼かもしれない。むしろすでにベテラン臭を感じる。甘いマスクでDJ BORINGともB2Bなどを披露しているイケメンDJ Seinfeld。
2017年末にリリースしたばかりのデビューアルバム 『Time spent Away From U』がローリングストーンで2017年ベストエレクトロニック・アルバムをランクインするなど数々のメディアへの露出を増やしたDJ Seinfeld。彼がDJ KICKSに登場した!ロウハウスからハウスとして今のシーンをしっかり掴んでいる彼の新曲を今回レビュー。


https://soundcloud.com/mixmag-1/premiere-dj-seinfeld-typeless

DJ Seinfeld - Typeless

ハウスらしいシャープなビートに、ハウス独特の女性ボーカルを使用しクラブトラックとして非常に使いやすい曲に。ビートの中にカウベルを入れるなどありきたりと言えばありきたりではあるが、DJ KICKSで流してきくととても重要なトラックのように感じる。

DJ​-​Kicks: DJ Seinfeld
01. DJ Seinfeld - I See U (*)
02. Andras - Poets Day
03. Fantastic Man - False Consciousness
04. Rudolf C - Deep Sea Survivor
05. Rimbaudian - Simple Call (*)
06. Roza Terenzi - Up In Smoke (*)
07. Sleep D - Dawn Over Atlas (*)
08. Hymns - Walrus (*)
09. Rudolf C - Saber (*)
10. FaltyDL - Freak Acid (*)
11. Pepe
- Victory Level (*)
12. Project Pablo - Who’s It For (*)
13. DJ Seinfeld - Typeless (*)
14. Mor Elian - Sci Si (*)
15. Chela Una - Take Me (*)
16. Reptant - Freq Accident
17. DJ Seinfeld - Triangle Echos (*)
18. Shedbug - Ambroxitil (*)
19. J.Albert - meXme (*)
20. S.O.N.S - Dune (*)
21. Lou Karsh - Seep
https://k7records.bandcamp.com/album/dj-kicks-dj-seinfeld

収録はされていないが、彼のおすすめの曲を何曲かあげていく。



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

木下貴博

大阪在住のDJ/プロデューサー99LettersはTakahiro Kinoshitaのソロプロジェクト。これまで海外のVinyl・カセットレーベルを中心にEPをリリースしてきた。2015年は、Serie Limitee Recordsより"Serie Limitee Hors-Serie 005 EP"、SEAGRAVEから"12Mirrors Album"をリリース。2016年にはDalmata Danielより"Untold Future EP"をリリースした。 インダストリアルでドローンな作風から、温かみのあるシンセとややサイケでなんとも心地よいハウストラックは、幅広いロウサウンド・テクノファンにもサポートされる。 2018年には過去リリースされた "Lazer Beam"を、Len Fakiが自身のレーベル"LF RMX"に収録し、Lazer Beam (Len Faki Hardspace Mix)として
リリース。Chris Liebing , Dubfire, Adam Beyerがフェスでプレイをする等話題になる。

-DPRB Review
-

Copyright© DPRB Magazine , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.