DPRB mix

DPRB Mix 001にハンガリーS Olbricht & Interview

投稿日:2018年9月2日 更新日:

今まで関わりのあるプロデューサーから、これから関わっていきたいプロデューサーに依頼してDPRB Mixをシリーズ化していきたいと思います。今回は自分がロウテクノを作曲してきてもっとも影響を受けたプロデューサー『S Olbricht』です。自身が運営する〈Farbwechsel〉のレーベルオーナーであり、ロブスターテルミンなどからもリリースしているプロデューサー。

今回はS Olbrichtに少しの質問とお気に入りの曲について教えてもらいました。

1.今回のDPRBミックスはどのようにして選んだの?これはブタペストで行われたDJのライブミックスと聞きました。

このミックスは、3週間前のに、Crisisという二週間の居住期間中、Lärm(ブタペストのクラブ)にてウォームアップセットでした(Imre KissとAIWAも出演していたよ)。基本的に俺のDJはは95-100 bpmで始まり160-170で終わるようにしている。ウォームアップのセットなので、私はスタートのためのいくつかのより簡単でゆっくりとしたトラックを選んだよ。

2.ブタペストのクラブシーンはどうですか?

クラブシーンはかなり混乱しているよ。正直言って俺はブダペストの新しいシーンにはついていけない。見ているように、5年前だともっとたくさんのプロモーションチームやDJがいたように感じるが、 残念なことに、現在では過去数週間で3つのクラブを失った。なぜなら、政府はそれらの建物があまりよくないと理解していたようだ。だけど、11月には新しいクラブもオープンするという噂もたくさんあるね。

3.今年日本に来ていたんですよね?日本はどうでしたか?

そうだよ!俺とImre KissでDommuneに出演。東京のwww-betaに、大阪のCompufunkに出演もしたよ!日本は、10日ほど滞在したけど、 最高の10日間で夢中になってた。

4.何か新しい報告はある?

大したことはないね。夏の間に新しいアルバムをまとめたんだけど、まだそれをリリースするための適切なレーベルを探しているところだよ。

S Olbrichtが選ぶ音楽

S olbrichtとは?

S Olbrichitは、〈Farbwechsel〉レーベルオーナー。2010年代のアヴァン・エレクトロ一大勢力〈Opal Tapes〉やLee Gambleが運営する〈UIQ〉など実に様々なレーベルからEPとアルバムを10作以上発表している多作なプロデューサー。〈Lobster Theremin〉には2014年から参加し、彼が2016年に同レーベルから発表した最新LP『For Perfect Beings』はBandcampの”Album of The Day”に選出されたほか、各メディアでも高く評価された。

※上記、今年来日された際のRAより。https://www.residentadvisor.net/events/1121650

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

木下貴博

大阪在住のDJ/プロデューサー99LettersはTakahiro Kinoshitaのソロプロジェクト。これまで海外のVinyl・カセットレーベルを中心にEPをリリースしてきた。2015年は、Serie Limitee Recordsより"Serie Limitee Hors-Serie 005 EP"、SEAGRAVEから"12Mirrors Album"をリリース。2016年にはDalmata Danielより"Untold Future EP"をリリースした。 インダストリアルでドローンな作風から、温かみのあるシンセとややサイケでなんとも心地よいハウストラックは、幅広いロウサウンド・テクノファンにもサポートされる。 2018年には過去リリースされた "Lazer Beam"を、Len Fakiが自身のレーベル"LF RMX"に収録し、Lazer Beam (Len Faki Hardspace Mix)として
リリース。Chris Liebing , Dubfire, Adam Beyerがフェスでプレイをする等話題になる。

-DPRB mix
-

Copyright© DPRB Magazine , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.