DPRB mix

DPRB Mix 003 ゲットーハウスのKaptain Cadillac インタビューが届いた

投稿日:2018年9月28日 更新日:

過去DPRBのリリースもサポートしてもらったKaptain Cadillacに今回はミックスを作ってもらいました。ミニインタビューもあるのでぜひチェックしてみてください。

1.Kaptain Cadillacについて紹介していただけますか?

俺は、Booty Call Recordsのレーベル共同設立者であるパリのDJ/ プロデューサー。Kaptain Cadillacだよ。ゲットー音楽などに特化したレーベルにはなるが、DJ Deeon、DJ Funk、Traxman、Ken Ishiiなどの若手アーティストや伝説のトラックスをリリースすることができたんだ。最近では、Ghetto Tracksと呼ばれるChiwaxデジタルのEPをリリースする。俺は初期のゲットーとハード・ハウスの粗くて生の音を深く知りたいと思っているよ。

2.今回のミックスを作ったとき、なぜこの曲を選んだの?

感情にしたがっただけだよ。俺がクラブでDJするとき、私は人々がトラックにどのように反応して人々のダンスを維持するかを見極めようとしているんだよ。もちろん、最終的にはトラックと音楽やクラブがよくマッチする必要があるけどね!

3.あなたの国のクラブシーンはどうですか?

フランスのクラブシーンは、特に私の故郷のパリが本当にいいよ。毎週多くのクラブや倉庫のパーティーで多くのイベントが開催されているしね。数年前から多くの出来事が怒っている。 Technoは現在フランスで非常に人気があり、とても素晴らしいカルチャーだ。

4.日本についてどう思いますか?

俺はlooooooove日本!めちゃくちゃ日本を愛している!去年3週間初めて滞在したが、日本と恋に落ちたよ。すぐにでも帰って、もう少し日本を訪れて、もっと美味しい日本食を食べたいよ!!!日本に行った時は、JommyとDarumaのおかげで、私はVision Club Tokyoでプレーする機会もありました。本当に素晴らしかったです!

5.何か最新のニュースはありますか?

さっきも言ったけど、新しいデファレンシャルEPに取り組んでいる。1つはハードハウス、もう1つはエレクトリックベースだよ。
楽しみにしていてね!

Kaptain Cadillacの最新EP

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

木下貴博

大阪在住のDJ/プロデューサー99LettersはTakahiro Kinoshitaのソロプロジェクト。これまで海外のVinyl・カセットレーベルを中心にEPをリリースしてきた。2015年は、Serie Limitee Recordsより"Serie Limitee Hors-Serie 005 EP"、SEAGRAVEから"12Mirrors Album"をリリース。2016年にはDalmata Danielより"Untold Future EP"をリリースした。 インダストリアルでドローンな作風から、温かみのあるシンセとややサイケでなんとも心地よいハウストラックは、幅広いロウサウンド・テクノファンにもサポートされる。 2018年には過去リリースされた "Lazer Beam"を、Len Fakiが自身のレーベル"LF RMX"に収録し、Lazer Beam (Len Faki Hardspace Mix)として
リリース。Chris Liebing , Dubfire, Adam Beyerがフェスでプレイをする等話題になる。

-DPRB mix
-

Copyright© DPRB Magazine , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.