DPRB mix

DPRB Mix 004 スペインのProducer GRAZZE Interviewが届いた

投稿日:2018年10月29日 更新日:

今回はスペインのエレクトロプロデューサーGREZZEに最新のミックスをもらった。貴重なインタビューもぜひご覧ください。

スポンサーリンク

1.最近どうですか?GRAZZEについて教えてくれますか?

調子は最高だよ!インタビューを読んでくれてありがとう!俺は6歳から音楽を始めたんだよ。ピアノを弾き音楽理論を学んでいた。それからドラムやギターのような他の楽器を演奏することを学び、サウンドエンジニアを勉強したんだ。それからは多くの楽器で自分の音楽を作り出すためにミキシングとマスタリングをすることを決めたんだ。 現在、私はラジオ局、音楽スタジオ、他のアーティストの音楽プロジェクトなどに携わった後、俺自身の芸術プロジェクト "GRAZZE"で音楽をフルタイムで勉強してるんだ。  "We Are Sound Studios"っていう、スタジオプロジェクトを行っているんだ。www.wearesoundstudios.com

2.どのようにして曲を作ってますか?機材は何を使っているの?

俺はPro Tools、Logic、Abletonのようないくつかのシーケンサーを使用しているよ。時に多くのプラグインやバーチャルインストゥルメントを使ってさまざまなサウンドやオプションを鳴らすことができるんだ。 Specrasoniscや他のオーガニック楽器も愛しているね。 またArturias、Korgs、Alchemyなどのシンセサイザーもあるし。いくつかのレコーディングには、ギター、カリンバ、ドラムなどのすべての曲で実際の楽器を使用しているね。

スポンサーリンク

3.あなたの好きな曲を教えてください。

Indie、Rock、Electronic、Chill ...選びきれないな。運転しているときにリラックスできるようにカフェデルマールを俺の車に1枚入れている(笑)。

今は、ボン・アイバー、クリスタル・ファイターズ、Eli&Fur、Disclosure、Jan Blomqvistのニューアルバムなどのアーティストも聴いているよ。




4.あなたの国のクラブシーンはどう?どんな曲が人気あるの?

スペインのクラブシーンはそれほど良い瞬間ではないと思う。クラブ、ラジオ、エレクトロニックミュージックカルチャーがあまりない。マドリッド/バルセロナとイビサの大きなクラブ。他の都市の小さなクラブでエレクトロパーティーがあるけれど、ほとんどの人やプロモーターの優先事項ではないね。彼らはスペインのラジオ、テレビなどでこのスタイルを聞くために使用されるので、本来はポップやラテンサウンドのような別のコマーシャルスタイルを好むんだ。

俺はイギリス、オランダ、ドイツ、アメリカのような国に自分の音楽を集中させようとしている。なぜなら、この種のエレクトロを聞く人々は、一般的にラテン語や商用音を好むスペイン人よりも聴きやすいからだよ。それがファッションや傾向にかかっていると思うし、90年代には非常に重要なエレクトロシーンがあったしね。今でも再びファッショナブルになってきているんだが、多くの高品質なスペインのプロデューサーとDJがいるから、現在のエレクトロシーンが必要なんだね。私は、「スペインの電子音楽が好きではない」、「他の国よりも悪いので、スペインの電子音楽が気に入らない」という人がいると聞いているけれど、実際、多くのスペイン人アーティストとDJがスペインから本当に認知されています。遅かれ早かれスペインのエレクトロニクスアーティストが私たちの国でより認知されると確信しているんだ。

スポンサーリンク

5.何か最新のニュースはありますか?

俺は昨夏の3つの新しいトラックと2つの新しいコラボレーションで本当にワークハードだった。 今俺は現在の音を変えるつもりだから、昨年夏のトラックリリースを待つことはできない。 俺はできるだけ今の音を早く皆に届けたいと思っているんだ。 とてもエレガントで感情的でダイナミックなので、この新しい音楽を作るのは本当に快適だよ。 最初のリリースはArmada Music(Electronic Elements)で次の週にリリースされ、残りは冬に沿ってリリースされる予定だよ!もちろん待ってくれるよな?お楽しみに!

GRAZZE soundcloud


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

木下貴博

大阪在住のDJ/プロデューサー99LettersはTakahiro Kinoshitaのソロプロジェクト。これまで海外のVinyl・カセットレーベルを中心にEPをリリースしてきた。2015年は、Serie Limitee Recordsより"Serie Limitee Hors-Serie 005 EP"、SEAGRAVEから"12Mirrors Album"をリリース。2016年にはDalmata Danielより"Untold Future EP"をリリースした。 インダストリアルでドローンな作風から、温かみのあるシンセとややサイケでなんとも心地よいハウストラックは、幅広いロウサウンド・テクノファンにもサポートされる。 2018年には過去リリースされた "Lazer Beam"を、Len Fakiが自身のレーベル"LF RMX"に収録し、Lazer Beam (Len Faki Hardspace Mix)として
リリース。Chris Liebing , Dubfire, Adam Beyerがフェスでプレイをする等話題になる。

-DPRB mix
-

Copyright© DPRB Magazine , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.