日常生活

年賀状シーズンにぴったり! 手書き文字をキレイに書くコツ5選!

投稿日:2018年12月28日 更新日:


冬も深くなり新年のご挨拶の時期になりましたね。

そこで今回は「手書き文字をキレイに書くコツ」をお教えします。

せっかく気持ちを込めた年賀状も、

文字がきたないと恥ずかしいですよね…

 

「手書き文字をキレイに書くコツ」はこちらです。

[全体]

・字間 中心線揃える。

・「ひらがな」と「漢字」のバランス。

[文字]

・正しい書き順で書く。

・線は平行に。

・余白を意識する。

それでは順番に見ていきましょう!

 

[全体]

まず、文章全体のバランスを整えるところから始めます!

スポンサーリンク

・字間 中心線揃える。

縦書きの場合は文字の中心線を、横書きの場合は文字の下線を揃えることで整った印象を与えることができます。

例:「ありがとう」

・「ひらがな」と「漢字」のバランス。

画数の少ない字(ひらがな・カタカナ)は大きく見え、画数の多い字(漢字)は小さく見える傾向があります。

バランスよく書くためには、「ひらがなを小さく、漢字は大きく書く」などの工夫が必要です。

例:「ご健康」

 

[文字]

続いて、1文字ずつの細かい部分に注目します!

スポンサーリンク

・正しい書き順で書く。

正しい書き順で書くことこそ文字をキレイに仕上げるコツです。

よく間違えられるのが、ひらがなの「も」の書き順です。

例:ひらがなの「も」

・線は平行にする。

横の線、縦の線を平行にするだけで随分と見やすい字になります。

例:ひらがなの「き」

・余白を意識する。

画数の少ないひらがなやカタカナは特に、余白を意識することで見やすい字になります。

例:ひらがなの「た」「に」「か」

 

まとめ

いかがでしょうか?

おさらいすると、

・字間 中心線揃える。

・「ひらがな」と「漢字」のバランス。

・正しい書き順で書く。

・線は平行に。

・余白を意識する。

ということになります。

少しの工夫で手書き文字の印象がぐっと上がります!

スキルアップして、皆さんよいお年を迎えられますように!

ここまでご覧いただきありがとうございます!

また次回の記事もお楽しみに!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

KatsuHIroshi

【生まれ・育ち】1992年生まれ 25歳 東京都在住 【活動】ネット上に記事を連載。カメラマンとして各観光地の写真を撮り、レポートともに掲載。 【連絡先】広告掲載・レビュー/記事執筆依頼・取材依頼・質問等

-日常生活
-

Copyright© DPRB Magazine , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.