DPRB Review

【DPRB Review】#02 LaksaのDelicatesを聴いた

投稿日:2018年8月17日 更新日:

Dario ZenkerとMarco Zenkerの兄弟が運営しているミュンヘンを代表するテクノレーベルとなったilian Tape。以前にRAのインタビューにて、Darioが読み方を間違える人がいるとぼやいていた。自分も大好きであるilian tapeの新作レコードを今回レビューする。新シリーズ「ITX」は毎回ミュンヘンらしさも残しつつ、これぞilian tapeというテクノらしさがあるので毎回楽しみである。


https://soundcloud.com/ilian-tape/itx012-laksa-delicates

A1.Delicates


音符を連打させるような跳ねるビートに、独特のpadを鳴らし続ける爽快なテクノサウンド。イリアンテープらしい1曲と言える。

A2.Madu's Break


ブレイクビートを基本に跳ねるドラムサウンドが耳に残る1曲。自分ではなかなか作れないビート。ただDJユースとして使うのは難しい。

B1.Dust


A面ほど派手なドラムビートは入れず、あえて抑え気味に作られた作品のイメージ。808や909を多様に入れた作品。奥深いなと感じる。

B2.Yogi’s Choice

個人的にはこの空気感は好きだが、好き嫌いが別れる1曲。ReverbとDelayが心地よい。

勉強不足だがLeksaのsoundcloudを見た。


前作の『LEKSA - CAMO』の方が独特な気がする。FXを使ったアクセントや独特の鳥?の声や、ボイスを使っていて非常に新鮮味がある。

どちらともいえ、ilian tapeファンにはたまらないであろう作品になっている。
彼らのBandcampからも購入できるのでデジタルやレコードで買う方は下記から。
https://iliantape.bandcamp.com/album/itx012-laksa-delicates

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

TK

大阪在住のライター。おじさんになり今の自分のライフスタイルを向上させたいです。カメラや映像に興味津々。ビジネスや物流など様々なことにも興味あります。

-DPRB Review
-

Copyright © BENT , All Rights Reserved.