Ableton Live

プロが教えるAbleton Live 使い方 #2【基本編】打ち込み

投稿日:2018年9月13日 更新日:

続いてmidi打ち込みについて。

スポンサーリンク

基本的な打ち込み方法

今回はこちらを使ってみる。abetionに内臓しているドラムキットTR707。
上が前回もお伝えしたピアノロール。
今回はそれぞれに各パートが割り振りされている。


忘れてはいけないのがこちら。

スポンサーリンク


チェックを忘れずに。

まずはクラブサウンド問わず重要なキック。4つ打ちでわかりやすく説明。
上記の写真のようにそれぞれをポチポチ押していきます。

次にスネアを上の写真のように。

ハイハットクローズ、オープンを入れて。これをいれればいわゆるよくあるテクノやハウスの音になったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

次にベロシティは重要

強弱をつけずに打ち込みをしても、グルーヴのグもいかない状況。最初僕もだいぶ悩みました。パン振りは次に書こうと思っていますが、重要なベロシティについて書こう。強弱をつけることにより、機械みたいなペタペタな打ち込みではなく、人間が叩いているようにしてみます。これこだわりだしたら曲作るまで1年以上かかります。

この下の赤線の部分ですね。これがベロシティ。
こんな感じで強弱をつけます。これは見てやるのではなく耳で聴きながらやるべきです。僕自身も答えではなく独学なので間違えてるよは受け付けません。
とりあえず最初は耳を頼りにいろいろ調整してみてください。僕はめんどさくなって機材でやるようになりました。打ち込みは今も勉強中です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

TK

大阪在住のライター。おじさんになり今の自分のライフスタイルを向上させたいです。カメラや映像に興味津々。ビジネスや物流など様々なことにも興味あります。

-Ableton Live
-,

Copyright © BENT , All Rights Reserved.