日常生活

新成人「三十三間堂」通し矢に行ってきた

投稿日:2019年1月14日 更新日:

友達が新成人になったので通し矢を観に行ってきました。場所は京都の「三十三間堂」初めて行かせていただきました。

新成人の皆さんはすごくキラキラしていました。僕が20歳の頃はマレーシアにいたので、すごく羨ましかったです。来年も是非機会があれば行ってみたいです。

スポンサーリンク

通し矢とは

弓術の一種目。 堂射(どうしゃ)、堂前(どうまえ)などともいう。 京都蓮華王院(三十三間堂)の本堂西側の軒下(長さ約121m)を南から北に矢を射通す競技である。 いくつかの種目があったが、一昼夜に南端から北端に射通した矢の数を競う「大矢数」が有名である。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

TK

大阪在住のライター。おじさんになり今の自分のライフスタイルを向上させたいです。カメラや映像に興味津々。ビジネスや物流など様々なことにも興味あります。

-日常生活
-

Copyright © BENT , All Rights Reserved.