物流

この会社が面白い!徳島県で40年以上緩衝材加工を経営する有限会社アワパック

投稿日:2020年9月28日 更新日:

徳島県で40年以上緩衝材加工を経営する有限会社アワパックという会社はご存知でしょうか?

現在加工会社に止まらず大型包装屋外保管や防錆・物流関連の様々なお悩みを解決し、数々の実績とノウハウでお客様に最適なご提案をし話題になっています。今回有限会社アワパックのサイトがリニューアルしたので記事にさせていただきました。

http://awapack.info/

有限会社アワパックとは?

徳島市の中心を流れる吉野川の河口に位置し徳島総合流通センターの一組合員として、引越し材、養生材、緩衝材、農業資材などの販売に携わってまいりました。1980年代初頭、ポリエチレン発泡シートが世の中に出始めた頃、先代が緩衝材の加工販売を始め、それ以来約40年に渡り加工技術を磨き、大手企業にはできない細やかな対応を行い、地元の企業と共 存してまいりました。昨今、インターネットやAI技術の進歩により、社会が目まぐるしいスピードで変化し、それに伴い顧客のニーズも多様化が進んでいます。企業は顧客のニーズに柔軟に対応し、他社にはないサービスを提供しなければなりません。商品管理、梱包、配送の省力化・効率化に取り組み、従来の商売 の枠にとらわれることなくさらなる成長を目指してまいります。

緩衝材加工会社アワパックが提供するサービスとは?

防錆対策

これまで、金型や金属機器の出荷や保管、輸送についての防錆対策は、グリースや防錆油を金属の表面に塗布し、錆の発生を抑える方法が一般的でした。しかしこの方法ですと、「防錆油の塗布、防錆油のふき取り」という工程が発生、更に、錆が発生してしまった場合は「錆落とし」作業も発生することで、作業コストを押し上げていました。 また、環境面への配慮からも、防錆油を塗布する方法では、油の洗浄処理などの問題が発生し、防錆油に代わる、環境に優しい防 錆対策が必要となりました。 そこで、工数・コスト削減と環境負荷の低減を実現するために様々な防錆対策資材が開発されました。
このページではその中でも「高い防錆対策」が可能な「気化性防錆包装材」を中心にご提案。

大型梱包屋外保管

厚手で丈夫な大型シュリンク(熱収縮)フィルムで製品を包み、専用のガスバーナー(リパック3000)で一気に熱収縮させることにより、大型設備をフィルムでピッタリと密着梱包をすることが可能です。大型製品の屋外保管や、海外輸送時の梱包に最適な梱包形態です。

従来の保管方法では・・・

ブルーシートが風で破けて何度も巻き直しが必要。
雨が中に入り製品が錆びメンテンナンスが必要になった。

大型シュリンク梱包のメリット

防錆性能シュリンクフィルムを使用し約2年間の防錆が可能!
耐候性があり約2年間の屋外保管が可能!
風でフィルムがばたつかずフィルムが破れない!
木箱やバリヤ梱包に比べ梱包費用のコストダウン!

など様々な物流に関するお悩みがあるとのこと。屋外保管梱包や防錆対策資材にお悩みの方は有限会社アワパックにお問合せしてみてはいかがでしょうか?
http://awapack.info/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

TK

大阪在住のライター。おじさんになり今の自分のライフスタイルを向上させたいです。カメラや映像に興味津々。ビジネスや物流など様々なことにも興味あります。

-物流
-, , ,

Copyright © BENT , All Rights Reserved.