自己啓発

100%の努力より60%の努力でやればいい

投稿日:2020年10月11日 更新日:

働いていると100%の力で物事をこなす人がたくさんいる。

努力している人は素敵。かっこいい。

まれに聞く言葉ではある。

 

果たして本当にそれが素敵なのか?かっこいいのか?みなさんはどう思いますか?僕は何をやっているかでそれは変わるのかなと思う。

例えばスポーツ選手が日々努力して汗水を流して練習をしている。これは素敵ですよね。
身体を動かすことによってその見た目は美しく見えます。ただ実際の仕事や趣味で100%の努力をしている人は果たして美しいんでしょうか?いますか?あなたの近くで。職場で努力をしている人は素晴らしいです。っていう人。職場など日々のよく見る光景の中で頑張っている人。

 

こういう人いますよね?
頑張っている俺、私かっこいいでしょっていう人。これまでいろんな仕事をしてきましたがそういう人って痛いです。自己満足や自分のスイッチで頑張ることは良いです。第三者や部下に何の被害もなければよいです。

 

 

その中で今回100%の努力より60%の努力を

というタイトルです。

 

あなたのスキルや能力100%をすべて出し切って仕事をしている人。
それ以上の120%のスキルを発揮できる人は才能やセンスだと思います。

100%の力で仕事をしている人はそれ以外に余裕はないんですよね。もしひとつのその仕事に全力を出している場合、他の仕事を頼まれたり、他の電話に出ないといけなくなったりした場合に余裕がなくおろそかになったりしてないですか?

 

あの人のあの仕事はちゃんとできるけど、それ以外は微妙だねっていう。日本の企業でひとつのプロジェクトだけを推進していくなんて、ある程度の役職や管理能力がないとできないです。なので100%の努力でひとつの仕事をせず60%の仕事で他の仕事にも対応できるスキルを持ってください。

 

企業があなたに月額30万の給与を支払う場合にひとつの仕事だけにその給与は払われないです。
雑用や他の人の仕事を手伝うことも入ってるんですよね。

 

それに見合うよう、100%の努力ではなく60%の努力であえて仕事してください。他のことや周りの状況に余裕ができると思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

TK

大阪在住のライター。おじさんになり今の自分のライフスタイルを向上させたいです。カメラや映像に興味津々。ビジネスや物流など様々なことにも興味あります。

-自己啓発
-,

Copyright © BENT , All Rights Reserved.